建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

急傾斜地に見晴らし良好な家を建てるまで

こんにちは、セミシゲです。「池の水ぜんぶ抜く大作戦!」ばりに「崖の土ぜんぶ削る大作戦!」崖地の造成工事は我が家の肝でもあります。この機会に過去画像から遡って説明したいと思います。

既存家屋あり

当初からの変貌ぶりを説明する為も、時系列を整理して説明していきますね。まずは初めて土地を見に行った時の入口からの写真。

f:id:sumai-note:20180227215825j:plain

なんか負のオーラが漂ってますね(笑)

前の家主が植物が好きだったのか所狭しと蜜柑やら、柿やら、色々な木が植えてあり鬱蒼とした森みたいになってました。個人的にはこの鬱蒼とした森に住むのもアリだと思ってたのですが、奥様的にはNGみたいですね。まあ木が多くて日当たりも悪くなってますしね。因みに下から見上げるとこんな感じ。

f:id:sumai-note:20180227215912j:plain

家の場所は全然分からないけど、下の家の日当たりを強烈に遮っている事は分かります。将来に渡って崖地が安定している保証も無いし、ご近所トラブルの温床になり兼ねない崖地といった印象です。

 

既存家屋解体後

f:id:sumai-note:20180227215956j:plain

いや〜スッキリしましたね。解体前の写真と同じ位置からの写真とは思えないほど、景色が抜けて気持ち良いですね。

 

f:id:sumai-note:20180227220034j:plain

そして、、やっぱり広い!

数値上分かっていた事ですがやっぱり広いですね。自分の目利きが正しかった事を再確認。正直この状態でそのまま売りに出したら、買値より高く売れる自信あるわ。でもココから傾斜地を削るので、平面の面積は狭くなりますし、不動産としての市場価値も下がるんだろうな~

 

崖地造成後

f:id:sumai-note:20180227222600j:plain

そしてコレが直近の写真。

アレ!?かなり狭くなった?

崖地を削ったので当然かもしれませんが、かなり狭くなった印象。あと地盤調査の結果、安定地盤に到達する為に70cm以上掘ってます。そして、ゆくゆくはこの穴が半地下空間として素敵に生まれ変わるはずです。でも、もう半地下って言うほど地下じゃないな(汗)そして今回のメインイベント!気になる崖地です。傾斜角30度に削ったはずですが

f:id:sumai-note:20180227222630j:plain

まだ結構急じゃね?

ウチの子、ウッカリ転げ落ちかねないな(汗)しかも転げ落ちた先が1m以上の高低差なので大怪我する可能性があるし。植栽とかで上手くカバーするしかないですね。

ってか安全確保が必要な庭ってどーよ?

 

それにしても草1本生えない地面って凄く味気ないですね。今後、崖地の活用については植栽がキーポイントになってきそうです。さてこの崖地どう変わっていくか乞うご期待。

広告を非表示にする