建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

観葉植物はカーテンの代わりになるか?直射日光に強い植物5選

我が家はカーテンの付かない南向きの大きな窓がありまして、日差しが厳しいんですよね。同じく南からの日差しにお困りの方はいませんか?どうせならオシャレに観葉植物で日差しを遮ってみましょう。

観葉植物選び

ではまず観葉植物を探しましょう。日差しを遮る訳ですから直射日光に強く高さのある植物を選ばなければなりません。あとは部屋に置いてオシャレである事も重要なポイントですね。

ウンベラータ

テレビ・雑誌等で見かけるハート型の葉が人気の観葉植物。ウンベラータの語源はラテン語の「日傘」から来ており、今回のテーマにもぴったりの植物です。熱帯アフリカ原産の常緑樹とあって日光との相性も良いです。生命力が強く元気に育つことから「すこやか」という花言葉に加えて、ハート型の葉っぱから「夫婦愛」「永久の幸せ」という花言葉が付けられており新婚、新築の記念に購入しても良いかもしれません。

 

 

ユッカ・エレファンティペス

丈夫で育てやすいことから多くの人に親しまれる北中米原産の観葉植物。定番商品ですので違和感なく部屋の雰囲気に溶け込むことができるでしょう。別名「青年の木」と言われており、花言葉「勇壮」「偉大」「颯爽」が表す様に成長するにつれ力強い雰囲気になります。

 

 

フェニックス・ロベレニー

人気急上昇中のラオスベトナム原産のヤシの木。ホテルや商業施設等でも見かける様に高級感と非日常を演出するのに役立ちそうです。細い葉が柔らかく並ぶ樹形も綺麗で見る人の心を和ませてくれるでしょう。またヤシの木なので直射日光への耐性は抜群と申し分ありません。欠点があるとしたら価格が高い事でしょうか。

 

 

ソテツ(蘇鉄)

沖縄・西南諸島、東南アジア原産の常緑低木。上手にアレンジすれば南国リゾート気分を盛り上げてくれる事でしょう。ソテツの特徴は何といっても直射日光への強さ。むしろ日光を必要としており、今回の狙いにはバッチリ当てはまる植物です。また日本原産なだけにお手頃価格で入手できるのもポイントです。

 

 

エバーフレッシュ 

中南米・東南アジア原産の人気の観葉植物。その柔らかな樹形からカフェやインテリアショップなどで活用されており、リラックスした雰囲気を与えてくれますエバーフレッシュが特徴的なのは就眠運動といって夜になると葉を閉じる点です。その葉を開閉する姿に愛着が沸くこと間違いないでしょう。

 

 

僕が購入した観葉植物

どれも素敵ですが南国の植物って主張が激しいものが多いですよね。我が家はどちらかと言うと和風なので南国風にして全体のバランスが崩れるのが問題でした。そこで選んだのがこのエバーフレッシュ。どうです?日光を受けてエバーフレッシュの葉が美しく光り輝いているでしょう?観葉植物そのものとしては非常に満足度の高い買い物でした。

f:id:sumai-note:20181123131545j:plain

 

 

まとめ

「観葉植物はカーテンの代わりになるか?」

多少効果は感じますが、現時点ではエバーフレッシュの日除け効果は薄かったです。写真を見ても分かる様に全く窓の大きさとエバーフレッシュの大きさがマッチしてないですから当然ですね。またヤシ系植物以外は真夏の直射日光を浴び続けると「葉焼け」する可能性がある課題も残ります。

 

これからする事

観葉植物の絶対量が少ないので、まずは観葉植物の数を増やす。その上で葉焼けさせない様に複数の観葉植物の位置をローテーションする必要があるのではないかと思っています。また進展があったら報告します。