建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

Low-Eガラス×複層ガラス、チョットの費用で断熱効果は○○倍違う?

暖房をつけても全然部屋が暖まらない時ってありますよね?熱ってどこからか逃げているんですかね?すき間風が吹き抜ける家は論外として、一般的に一番熱を逃がすのは窓と言われています。そう言われてみれば、今のアパートも真冬には窓から凄まじい冷気が流れてきます。快適な暮らしを守る為に、もう少し窓について勉強してみましょう。

窓ガラスの種類って?

窓ガラスにそんな種類あるの?って方もいらっしゃると思うので簡単に窓ガラスについて説明しますね。

f:id:sumai-note:20180314001722j:plain

 

単板ガラス

まあ普通のガラスです。

屋外ガラス室内

の単純な構造なので窓を介して熱が移動しやすい特徴があります。また室内と屋外の温度差を1枚のガラスで受け止める為、結露が発生しやすいのもこの製品の問題でもあります。

f:id:sumai-note:20180318224139j:plain

 

複層ガラス(ペアガラス)

その名の通り複数の層のガラス。ペアガラスとも言われる事もあります。窓ガラスが2枚になり2枚のガラスの間に6mm以上の空気層を作って断熱効果を狙っています。

屋外ガラス空気ガラス室内

「空気層ぐらいでそんなに違うの?」とお思いかもしれませんが、考えてもみてください。ダウンジャケットも基本的には服の中に空気層を作る発想です。窓にダウンジャケット着せたと思ったら暖かそうじゃないですか?

 

Low-Eガラス

基本構造は複層ガラスと同じですが、内側に特殊金属膜が追加されています。この特殊金属膜が輻射熱をカットしてくれます。輻射熱と言っても良く分からないですよね。「日向ぼっこのポカポカ感」をカットしてくれると考えて下さい。正直、理屈は良く分からないけどなんか凄そうですね。

f:id:sumai-note:20180318225011j:plain

 

気になる断熱性能比較

で、気になるのは「どれだけ断熱効果が違うの?」って事ですよね。詳しい事は専門家に聞いてみよう!って事でガラスのリーディングカンパニー旭硝子さんのホームページで確認してみました。貫流率(U)が小さい方が熱を通さないみたいです。

  • 単板ガラス(厚さ5mm) 5.9U
  • 複層ガラス(空気層12mm) 2.9U
  • Low-Eガラス(空気層12mm) 1.7U

Low-Eガラスの性能ですが

複層ガラスより1.7倍

単板ガラスより3.5倍

やっぱ凄いじゃない!Low-Eガラス!

 

でもお値段がお高いんでしょ?

ウチも複層ガラスで設計を進めていたのですが、試しにLow-Eガラスの見積もりをしてみたところ1㎡当たり2000〜3000円のコストアップで対応可能との事。何それ!?安すぎやろ!建築家も驚きの金額だったので「大きめの窓は全部Low-Eガラスに変更だ!」と設計変更。でも、こういうのの積み重ねがコストが膨れる原因ですね(反省)

f:id:sumai-note:20180318225951j:plain

僕が思うに、単純なLow-Eガラス自体の単価はそれほど高くは無いはず。工務店によって金額は異なると思いますが、気になる方はとりあえず見積もってはいかがでしょうか?