建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

減税しなきゃ!?不動産取得税納税通知を受け取ったぞ【2018年度税制改正Ver.】

土地購入から半年ほど経ち、不動産取得税納税通知(土地)が送られてきました。簡単に言うと「土地を取得した分税金払えよ」って事ですね。確か契約時にも「土地の所有者として登録してやるから税金払えよ」って言われて登記費用を払ったはず。本体工事費の消費税もバカにならないのにまだ搾取すんの?って感じですよね。でも決まっているものは仕方ありません。シッカリ調べて最小限の出費で乗り切りましょう!

不動産取得税とは(2018年度税制改正Ver.)

その名の通り不動産を取得した時に払う税金です。税額を求めるには

固定資産税評価額 × 4%

の計算式で求められます。ここまでは凄くシンプルなルールなのですが、この金額から色々と軽減されるので注意が必要です。

  1. 2020年3月31日までは税率が3%に軽減されます
  2. 2020年3月31日までは課税標準額が半分になります
  3. 住宅及びその土地に対して更に軽減措置が取られます
  4. 3.の軽減措置の関係上、土地を取得した場合は建物取得までの納税猶予が認められています

うーん。なんか減額してくれているのは分かりますが難しすぎますね。とりあえず1.〜2.は役所の方で勝手に計算してくれるので、納税者の方では無視しても問題ありません。納税者が注意すべきは3.〜4.のみになります。土地が広すぎなかったり(200㎡以下)固定資産税評価額が高く無ければかなりの額が軽減されるはずなので必ず申告しましょう

 

土地取得税納付通知がきたらどうするの?

もう一度整理しますが、個人住宅を建てるのであれは2つのケースが考えられます

  • 建築済みの場合、軽減申告
  • 建築中の場合、納税猶予申告

どちらにしても大切な事ですので必ず申告を行いましょう。

 

軽減申告の方法

実は僕もまだ軽減の申告はしてないので良くわかりません(笑)。軽減の申告した時に追記しますね。

 

納税猶予申告の方法

f:id:sumai-note:20180212121318j:plain

県毎に対応が違うので詳しくは県税事務所に問い合わせましょう。僕が電話で問い合わせたら「申告書は難しいので名前と取得予定日を記入してもらえればこちらで記入しますよ。」とのこと。なので必要書類をまとめて郵送しておしまいです。

  • 申告書
  • 納税通知書
  • 土地売買契約書
  • 建築確認申請書 or 工事請負契約書

すると役所から返信があり「配偶者との連名で取得する場合は2通申告書を提出しろ 」とのこと。後日、申告書を再提出しましたが申告自体は凄く簡単に終了しました。

 

気を付けたい落とし穴

不動産取得税の説明でもチラッと書きましたが、軽減の計算式が200㎡以上は軽減しない計算となっています。ですから無駄に敷地が広い(430㎡)我が家には納付書類が再度送られてきて、当初通知額の半額ぐらいを請求をくらいました。

f:id:sumai-note:20180212122639j:plain

アッチョンブリケ!?

予想外にデカい出費だよ!?土地が無駄に広いってのも考えモノですね。売地とかでも198㎡とか良く見る気がするのは税金面での対応等をよく考えての事だと思われます。税金対策をするなら200㎡以下の土地購入がおススメですね。