建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

注文住宅で失敗する原因、それは子供部屋かもしれない

渡辺篤史の建もの探訪」を見て思うのですが、子育てを終えた老夫婦って素敵な家を建てますよね。長いことお金を貯めたので資金に余裕があるからだ。という見方も出来ますが、僕は他の要因がある気がします。それは子供部屋がの存在。子供部屋が無い事で家のコンセプトがまとまり、生活動線はシンプルに整理されるのではないでしょうか?逆に言うと子供部屋って家の全体感を崩しかねない危険な存在なのではないでしょうか?チョット子供部屋について考えてみましょう。

子供部屋が抱える問題点

家全体の繋がりが悪くなる

まず何故、子供部屋が必要なのでしょうか?主に考えられるのは「勉強に集中する為」という理由ですね。確かに家族がテレビを見ている真横で勉強しようとしても出来ませんよね?そのため、出来るだけ隔離された部屋が1つないし、2つ作られる訳です。そんな隔離された部屋が2つもあったら家全体が分断されますよね。そうすると視線の抜けも、風の流れも、生活動線も悪くなります。また全体の繋がりが悪い事で設計コンセプトも隅々まで統一されなくなるかもしれません。

 

必要な数が分からない

f:id:sumai-note:20180319224611j:plain

もし子供部屋を作るとしたら何部屋必要なのでしょうか?若くして家を建てる人は子供を何人授るかまだ分かりませんよね?子供を授かりたくても不妊症で悩まれてる方も多くいます。家族計画って上手くいかないものです。最初から「子供は2人欲しいから子供部屋を2つ作っておこう」と子供部屋を作るのって何か違う気がするのですが皆さんはどう思いますか?

 

利用期間が短かすぎる

小学校の低学年って親の側で勉強してるイメージありますよね。僕もリビングで宿題してた記憶があります。幼いと1人でいても集中出来ずに遊んじゃうんですよね。本当に子供部屋が必要な期間って小学校高学年(11歳)から大学4年生(22歳)の12年間ぐらいではないでしょうか?

f:id:sumai-note:20180321214114j:plain

そして子供が独立すると物置になっちゃうんですよね、子供部屋って。物置がたくさんある家って素敵だと思います?末永く素敵な家に住みたいと考えた時に子供部屋って邪魔な存在になってしまうのではないでしょうか?

 

それでも用意してあげたい子供の居場所

僕も全く子供部屋を排除すれば良いとは思っていません。1人の人間として親と顔を合わせないプライベートな空間は必要でしょう。そこで我が家は共有の勉強スペースを設けて、ロフトや半地下に子供の居場所を作る設計にしました。正直コレが正解か分かりませんが「本気で集中したいなら図書館でも行けよ!」って割り切ってます(笑)

f:id:sumai-note:20180321214458j:plain

人それぞれ考え方は違うと思いますが、皆さんも1度は「当たり前に子供部屋がある」という考え方を疑って家づくりを検討してはいかがでしょうか?