建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

玄関が必要なんて誰が決めた?

現在、建築中の我が家ですが気がつけば玄関無しプランになってました。イイ機会ですので改めて玄関について考えてみましょう。そこっ!「設計段階でシッカリ考えろよ!」って厳しいツッコミしない!

玄関のメリット

まずは玄関を設置するメリットについて考えてみましょう。

  • 来客に対してプライバシーを守れる
  • 靴についた土が舞っても大丈夫
  • 外の冷気を居室に入れない
  • 外から施錠できる

外から入って欲しくない「砂埃」「外気」「視線」などを一旦遮断する事に効果がありそうです。

f:id:sumai-note:20180604230012j:plain

また他の観点でも

  • 生活動線を配慮した設計にしやすい
  • 家の格式が高くする

入った後の動線や来客の対応などを考えた暮らしやすい設計になりそうです。

 

玄関のデメリット

では次に玄関のデメリットって何でしょうか?

  • 場所をとる
  • 薄暗い空間になりやすい

特にコレといったデメリットはありませんがリビングやダイニングに比べて優先順位が低い為に北側の狭い土地に追いやられ「狭い」「暗い」「利用しづらい」玄関になっている姿を良く見かけます。玄関に対するこだわりの無さが、一般的な玄関のイメージを押し下げる要因ではないでしょうか?

 

玄関の設計アイデア

そんな軽視されがちな玄関ですが、本気で設計プランを考えれば素敵な空間にも変身するはずです。従来の玄関イメージを覆すプランについて考えてみましょう。

 

ドアを開けたら直ぐに居室 

単純に玄関を設置するスペースが勿体無いので、ドア開けたら直ぐにキッチンやリビングにつながるパターン。「玄関の価値を認めないので無くす」潔い選択ですね。玄関を2坪、坪単価80万円と仮定すると160万円もコスト削減が可能です。

 

広い土間玄関を作る

こちらは敢えて玄関を拡張し、色々な機能を詰め込む発想の転換

f:id:sumai-note:20180523231849j:plain

玄関がただの出入口から、自転車の整備や日曜大工の作業場へと変身します。また広大な玄関スペースを確保することで一般的な玄関にありがちな閉塞感も無くなります。アウトドア趣味をお持ちの方にはオススメのプランですね。

 

縁側を入口にする

f:id:sumai-note:20180514233222j:plain

昔ながらの旧家にありがちな縁側から入れる家。我が家はこのパターンに近いですね。簡単な来客に対して縁側でお茶を出す事も可能ですし、風通しの良い開かれた雰囲気になります。但し、外部に開き過ぎるのでプライバシー確保に注意しましょう。

 

まとめ

どうでしょうか?玄関にも色々な選択肢がある事を感じていただけたでしょうか?無策のまま設計を進めたら「狭い」「暗い」「利用しづらい」玄関が出来上がることでしょう。そして無駄な土産物が貯まったりして、、、

f:id:sumai-note:20180614233428j:plain

ウチの実家もそうですが、何故か玄関には土産物類が堆積していきますよね?信楽焼のタヌキは大げさかもしれませんが、そんな玄関であればいっそのこと無い方がスッキリしませんか?まずは玄関が「いる」「いらない」から本気で考えてみてみてはいかがでしょうか?