建築家との家づくり | 住まいノート

2018年竣工を目指し有名建築家と傾斜地に建つ平屋住宅を設計中。家づくりの失敗談やアイデアなどを掲載。

【地鎮祭レポート】式の流れや服装、気になる費用は?

毎年おみくじを引いたら小吉か末吉しか出ない幸薄き男セミシゲです。おみくじにも「転居:急ぐな」と書かれていたのでまあ気長に頑張っていこうと思います。さて今日は年末に実施した地鎮祭の報告です。

地鎮祭とは

建物を建てる際に土地の神を祝って敷地を清め、工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願う儀式です。最近は地鎮祭を行わない家も増えている様ですし、個人的にはやらなくても良いと思ってます。でも関係者の理解が得られないならやった方が無難ではないでしょうか。ウチは建築家と妻がやる気満々なので流れで実施しました。まあ縁起物と思って、新年になんとなく初詣に行くタイプの人はノリでやっちゃえば良いと思います

地鎮祭に準備するもの

僕が用意したのは神職への御礼となる「初穂料(玉串料)」(3万5千円)のみでした。工務店と付き合いのある神主だったので、手際良く準備してくれたのだと思います。これを自分で揃えるのは大変ですね。

f:id:sumai-note:20180110223429j:plain

地鎮祭の服装

泥がつく事もありますし僕は普通の服装で地鎮祭に臨みました。ちなみに建築家も私服、工務店は作業服でした。でも最後に全員で写真撮影をしたのですが、スーツの方が絵になったと思い少し後悔。

 

地鎮祭の流れ

とりあえず施主が覚えておけば良いものだけ厳選して地鎮祭の流れを説明しておきますね。当日は神主さんが教えてくれるはずですが、神主さんの声が聴き取り易いとは限りません。実際、僕はよく分からず見よう見まねで乗り切りました。とりあえず大まかな流れだけでも押さえておいた方が良いでしょう。

  1. 祝詞奏上、他
  2. 四方祓
  3. 地鎮の儀
  4. 玉串奉奠
  5. 神酒拝戴

祝詞奏上

神主が何やら有り難そうなことをおっしゃってます。頭を下げてありがたく祈りましょう。ちょっと話は変わりますが山の上から「ヤッホー」って叫べば声が響きますよね。我が家も山って程では無いですが敷地が少し高台にあるんです。ですから大声出せば自然と町中に響き渡るんです。そしたらさ神主さんが

「◯丁目◯番地セミシゲのぉ」

って詳細な個人情報をぶっ込んでくるのね。なんかやまびこの様に僕の個人情報が町中に響き渡ってるんですけど!?

四方祓い

施主、建築家、工務店の3者で祭壇の四方に塩、米、酒を撒きます。ちなみに周り順は北東→南東→南西→北西の順らしいです。まあコレは難しいところは無いでしょう。

地鎮の儀

はい。ココ重要!!学校だったら「これテストに絶対出るからな〜」って言われるレベルです。地鎮の儀では祭壇手前作られた砂山を鍬で崩します。 その時に

「えい!えい!えい!」

と叫ぶ必要があります。あと砂山を崩すのは施主だけでなく、建築家と工務店も崩すので1人で崩し過ぎない様に注意しましょう。僕もなんとなく調べてたから良かったけど初見でいきなり「えい!えい!えい!」と発声して下さい。と言われても戸惑いますよね?

f:id:sumai-note:20180110224655j:plain

玉串奉奠

榊でできた玉串を祭壇に捧げます。根元側を祭壇に向けて置くのがポイントですね。後は普通の神社の要領で二礼二拍手一礼すればOKです。

神酒拝戴

参加者全員でお供え物の御神酒を頂きます。お酒を飲めない人は口をつけて捨てても問題無いですよ。工務店の方は仕事中という事か1滴も飲んでいない様でした。それなのにお酒に弱い僕が普通に飲んでしまいその後、顔を赤くしてご近所挨拶と工事請負契約を結ぶことになるのですが、その話はまたの機会に。

広告を非表示にする